スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石田衣良 「I.W.G.P」作風レビュー

(2011.1.8 更新)

★★★★ 

著者名

石田衣良

シリーズ名

池袋ウエストゲートパーク  以後、I.W.G.Pと略します

I.W.G.P著作リスト

「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ  『赤・黒』以外は短編集 
池袋ウエストゲートパーク       既読 マコト、かっこいい
・池袋ウエストゲートパーク
・エキサイタブルボーイ
・オアシスの恋人
・サンシャイン通り内戦
少年計数機       既読 あのイヤな事件がモデル?…
・妖精の庭
・少年計数機
・銀十字
・水の中の目
骨音       既読 骨音…聞いてみたい気もする
・骨音
・西一番街テイクアウト
・キミドリの神様
・西口ミッドサマー狂乱
電子の星       既読 マコトも結構えげつない 
・東口ラーメンライン
・ワルツ・フォー・ベビー
・黒いフードの夜
・電子の星
反自殺クラブ       既読 後味が悪い~;;
・スカウトマン・ブルース
・伝説の星
・死に至る玩具
・反自殺クラブ
灰色のピーターパン       既読 礼にいがあんまり出ないな…
・灰色のピーターパン
・野獣とリユニオン
・駅前無認可ガーデン
・池袋フェニックス計画
Gボーイズ冬戦争     既読 “影”って何だよ…; マンガのようだ
・要町テレフォンマン
・詐欺師のヴィーナス
・バーン・ダウン・ザ・ハウス
・Gボーイズ冬戦争
非正規レジスタンス       既読
・千川フォールアウト・マザー
・池袋クリンナップス
・定年ブルドッグ
・非正規レジスタンス
ドラゴン・ティアーズ―龍涙       既読
・キャッチャー・オン・ザ・目白通り
・家なき者のパレード
・出会い系サンタクロース
・龍涙──ドラゴン・ティアーズ
PRIDE―プライド       既読
・データBOXの蜘蛛
・鬼子母神ランダウン
・北口アイドル・アンダーグラウンド
・PRIDE
IWGPコンプリートガイド   公式ガイドブック 書き下ろし短編小説あり  既読 龍涙のあの子、再登場
赤・黒   外伝   既読 サルが極道らしいことをしている

一応、他の著作も載せておきます

うつくしい子ども     既読 否応なくあの事件を思い出す 

エンジェル       既読 

娼年  連作短編集  既読 けっこうエロイのにイヤらしくない
逝年-call boy2     

波のうえの魔術師    既読 マネーゲームは実体経済の敵だと思うんだが…; 

スローグッドバイ   短編集    

4TEEN フォーティーン       既読 痛々しい… 

6TEEN  4TEENの続編 

LAST   短編集   既読 金って怖いな 

1ポンドの悲しみ   短編集   

約束   短編集    

ブルータワー        

アキハバラ@DEEP       

東京DOLL    

てのひらの迷路   短編集 解説付き    

ぼくとひかりと園庭で  ジュブナイル…みたいです 既読 子どもには難しいだろう 

愛がいない部屋  短編集 

フォーティー 翼ふたたび

眠れぬ真珠

下北サンデーズ

美丘

REVERSE

5年3組リョウタ組

親指の恋人

夜を守る

夜の桃

光の国の姫  ジュブナイル…だそうです 

シューカツ! 既読 就活をなめるなよTTこんなもんじゃねーよ

再生  短編集 

TROIS トロワ  石田 衣良, 唯川 恵, 佐藤 江梨子の3人によるコラボ小説     

チッチと子


sex 短編集 

主な受賞歴

第36回オール讀物推理小説新人賞『池袋ウエストゲートパーク』
第129回(2003年上半期)直木賞『4TEEN フォーティーン』
第13回島清恋愛文学賞『眠れぬ真珠』

デビュー作

『池袋ウエストゲートパーク』(1997年)

「I.W.G.P」作風なぞかけ

「石田衣良のI.W.G.P」 とかけて 「大都会の夜景」 と解く。
そのこころは?


「遠くでみると綺羅綺羅しくて憧れるけど、近くで見ると猥雑で下品で騒々しい」

大都会は眠りません。
夜でもたくさんの明かりが灯って、誰かがそこにいることを主張しています。

遠くから見ると、きらきら光を放つ夜景がとてもキレイです。
良い音楽を流しながら眺めたいですねぇ。
とても賑やか楽しそうな光景です。
自分もあの場所に行ってみたいと思うくらいに。

しかし、こうした夜景はよく、宝石箱をひっくり返したよう…と喩えられますけど、実際は安物のアクセサリーをぶちまけたよう、と言う方がただしいのではないでしょうかね。
ずっしりと重くて高価な宝石ではなく、軽くチープで自分に似合った身近なアクセサリー。

歓楽街けばけばしい電飾、ネオンの看板、ホテルの窓からもれる明かり…実際に大都会の中に立ってみれば、離れてみる夜景ほど美しいものだとは思いません。猥雑品のない騒々しい街が夜を華やかに、毒々しく彩っているのだということがわかるでしょう。

その夜の街の底で蠢いているものと言えば、殺人者、やくざ、薬の売人、コールガール、ホームレス、カラーギャングetc.………現代社会の裏側にはスリル危険がいっぱいです。

でも、都会に生きているのは完全に真っ黒なものばかりではありません。
もちろん、完全に真っ白なものはありませんが。
あえていうなら灰色のものが多いってことでしょうね。

意外に、どんなところにも優しい人がいて、ちょっとイイ話が多いもんですよ。

石田衣良の本を読むときの5W1H

When いつ

比較的、人生が順調にいっているときに読みましょう。

人生に挫折したときに読むと、弱った心がえぐられますよ。

不幸な話ってのは、他人事だから面白いんです。
自分の身近でこんなことがあった後、この本を読んだら複雑極まりない気分になりますよ、きっと。

いや、「I.W.G.P」の話は、たいてい気持ちよく救われる話ですがね。

人生に疲れているときに読むと、「そんなに簡単にうまく転がるもんか」と、腹立たしくなるかも。

いや、救われない話が救われるからこそ、読者も勇気づけられるんだという意見もあるでしょうがね。

人生に見切りをつけているときに読むと、「ああ、俺だけ救われない最底辺の人間のままなんだな…」と窓から飛び降りたくなるかも…いや、それはないか。

とにかく、就職大氷河期で、内定が決まらなくて、借金があって、次の春からプータローかもしれなくて、将来が死ぬほど不安で、いっそキャバクラとかデリヘルで働いてやろうかとか思っていたり、てっとり早く振り込め詐欺でもやってみようかと思っていたり、あやしい兄ちゃんが経営するパチンコ屋に住み込みで働こうかと思っていたり、もう諦めてどこか遠い都会に行こうと思っていたりする人は読まない方がいいと思います。

読んでしまうと、
現実離れしたおかしな夢を見てしまうか、
必要以上の将来への不安を抱えてしまうか、
どちらかだろうと思うので。

Where どこで

心置きなく泣けるところにしましょう。

テンポが良くって、ノリが軽くて、スピード感があって、爽快で楽しいです。
だから、泣ける話で素直に感動できるのではないかと思います。

普通なら、「泣かせよう、泣かせようとしてて鼻につくなぁ」というところも、さらっと「いい話だなぁ」と言えます。
せっかく素直に感動して、素直に涙できる話になっているんですから、周りを気にしないで泣ける場所で読みましょう! ……ひねくれている管理人は「I.W.G.P」では泣けませんでしたが

Who だれが

分別のある10代のみなさんにオススメ!

いいですか?
分別のあるみなさんに、ですよ?(大事なことなので2度言いました)

登場人物が格好いいですよね。
頭がよくって、喧嘩が強くて、優しくて、厳しくて、なにげに外道な正義の味方。
楽しそうですよね。
憧れますよね!?

しかし、敢えて言います。

憧れるな。

トラブルあれば首を突っ込む何でも屋。
カラーギャングのリーダー。
ヤクザの出世頭。

憧れてはいけません。
まして、実際に真似するなんてとんでもないですよ!

やけに具体的で現実的でホットな社会問題を扱っている上に、主人公の書いたコラムのような一人称形式をとっているもんですから勘違いしそうになりますが、

これはフィクションです。よい子は真似してはいけません。 …以上。

What 何を

石田衣良の「I.W.G.P」らしいオススメ作品は『少年計数機』 

どんな女にも紳士的なマコト。
子どもに甘いマコト。
元気な年寄りに弱いマコト。
やくざにも伝手のあるマコト。
Gボーイズを駆り出すマコト。
マコトと協力するサルとキング。
警察署長まで翻弄するマコト。
体を張って事件解決に挑むマコト。

これぞ池袋のトラブルシューター、真嶋誠だ!

最後の話は、すごく盛り上がる。
爽快なカタルシスのあるクライマックス!
あのイヤーな事件を知っている人には、現実と違う結末が創作上で与えられたことで、多少、胸がすっとするかも。

Why なぜ

石田衣良の「I.W.G.P」を読む理由。

それは、今話題の社会問題という重いテーマを、若者文化と時事ネタをからめて軽ーくテンポよく爽やかに仕上げた読み心地が素晴らしいから。

少年犯罪だの虐待だの売春だの借金だの麻薬だのというテーマを扱っていたら、もうちょっと暗くて重くてウツな作品になってもおかしくないと思うんですよね。

けれど「I.W.G.P」は、興味はあるけど目をそらしたい……そんな問題を実に上手に短く面白くまとめています。

「社会問題なんかになんの興味もないよ」って人にも、ライトノベルみたいな軽さで、さりげなく問題提起する手腕に惚れています。

How どのように

読み切り短編でできているので、どこから読んでも大丈夫。

でも、順番に読んだ方がよくわかる話も多いです。

マコトがトラブルシューターを始めたわけや池袋署署長との関係、キングやサルとの関係を知りたかったら第1巻は読まなければいけません。
ヤクザとマコトの関係を知りたかったら、第2巻は読んでおいた方がいいでしょう。
サルがどのように出世していったのか知りたかったら、外伝の『赤・黒』ははずせません。

ところで、「I.W.G.P」は最初はハードカバーで出版されるんですが、じきに文庫になります。
このシリーズ以外の著書も買おうと思う…という方は、すべてをハードカバーでそろえるのは大変ですから、「I.W.G.P」くらいは文庫でそろえさせてもらってもいいと思いますよ!


ドラゴン・ティアーズ──龍涙ドラゴン・ティアーズ──龍涙
(2009/08/07)
石田 衣良

商品詳細を見る



 ↓ ご意見、ご感想、ご批判などありましたら、拍手コメントで!
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。