スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よしながふみ 作風レビュー

(2011.1.8 更新)

★★ 漫画です。ほぼBL作品なので簡単にはオススメできない

著者名

よしながふみ

公式サイト

サイト名 モーニング公式サイト 講談社モーニングの公式サイト内のページ
ブログ名 きのう何食べた? 「きのう何食べた?」の公式ブログ



代表的な著作リスト

ソルフェージュ (花音コミックス) 連作短編集   
ソルフェージュ (白泉社文庫) 既読 BL えろい
  単行本『本当に、やさしい。』収録の「本当にやさしい」「パンドラ」「昨日よりいつも違う日」「すこしだけ意地悪な告白」の4編と、「ソルフェージュ」の5編収録。   

月とサンダル 1 (花音コミックス)      
月とサンダル 2 (花音コミックス)      


本当に、やさしい。 (Super be×boy comics)BL これ後味が微妙
  新装版あり。上記の「本当に、やさしい。」他6編。「シノワズリ」「執事の分際」は後に『執事の分際』にまとめて文庫化。  


1限目はやる気の民法 (Be×boy comics)     既読 笑えるBL
1限目はやる気の民法 2(Be×boy comics)


こどもの体温 (Wings comics)  連作短編集   既読 思春期だなぁ

愛とは夜に気付くもの (Super be×boy comics)  新装版あり。   
執事の分際 (白泉社文庫)  既読 BL 鬼畜×意地っ張り
  「シノワズリ」「愛とは夜に気付くもの」「執事の分際」収録   

彼は花園で夢を見る (Wings comics)  連作短編集 
  既読 BLではないと思う メルヘンチックで好き
こどもの体温/彼は花園で夢を見る (白泉社文庫)上記『子どもの体』『彼は花園で夢を見る』収録  


ジェラールとジャック 1(Super be×boy comics)     
ジェラールとジャック 2 新装版あり。 
ジェラールとジャック(白泉社文庫) 上記を全1巻にまとめて文庫化
  既読 BL 保護者×無垢な青少年


西洋骨董洋菓子店 1 (Wings comics) 既読 BLっぽい   
西洋骨董洋菓子店 2(Wings comics)
西洋骨董洋菓子店 3(Wings comics)
西洋骨董洋菓子店 4(Wings comics)
  新書館ウィングス文庫で全3巻にまとめられている 


愛すべき娘たち (Jets comics)  連作短編集 
  既読 BLではない でもファンタジックなBLよりも生々しいかも 

それを言ったらおしまいよ (F×comics)  短編集    


フラワー・オブ・ライフ 1(Wings comics)   
フラワー・オブ・ライフ 2
フラワー・オブ・ライフ 3
フラワー・オブ・ライフ 4
  白泉社文庫で全3巻にまとめられている 


愛がなくても喰ってゆけます。 (F×comics)  エッセイ    

あのひととここだけのおしゃべり   対談集    


大奥 第一巻 (JETS COMICS)     既読 SFだ BLメインではない 
大奥 第二巻       既読 過去に飛んだ 続きが気になる 
大奥 第三巻       既読 メインキャラがあっさり死ぬなぁ;
大奥 第四巻       既読 え? 大奥代替わりダイジェスト? 
大奥 第五巻       既読 枷を嵌められた女の苦悩は三巻で読んだよ…
大奥 第六巻       既読 一コマ一コマは深いのに、ストーリーは浅い
刊行中… 


きのう何食べた? 1 (モーニングKC)      既読 BL ほぼ料理レシピ 
きのう何食べた? 2   モーニングKCピースの限定版あり    
きのう何食べた? 3        
きのう何食べた? 4       


主な受賞歴

第26回講談社漫画賞少女部門「西洋骨董洋菓子店」
第5回センス・オブ・ジェンダー賞特別賞『大奥 1』
第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞『大奥 1』
第13回手塚治虫文化賞大賞「大奥」
2009年度ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞「大奥1」「大奥2」

デビュー作

「月とサンダル」「花音」10月号 掲載(1994年)

作風なぞかけ

「よしながふみ」 とかけて 「女性ファション誌をコラージュして作ったスクラップブック」 と解く。
そのこころは?


「女の子が好きなものを集めてオシャレに作ったけど、他人には見せられない個人的な趣味」

女性ファッション誌って読みます? 管理人は読みません…
あれは男性から見ると十把一絡げで同じように見えるかもしれませんが、いろいろとジャンルがあるのですよ。
同じ女性と言っても好みが別れます
面白さがさっぱりわからないという人も、むしろ嫌いだという人もいます
でも、売れるように万人受けを狙ってしっかりと作ってあるので。
雑誌によっては、決して男性には見せられない極端な恋愛テクニックやエロ情報がメインだったりして…。
そう、洋服だけじゃないんですよ。食べ物関連の情報やら、結婚関連の情報やら…いろいろと女の子のニーズをリサーチして作ってあるんです。

そして、あるていど雑誌がたまると、お気に入りの写真や記事をコラージュしてスクラップブックを作ります。
わりと簡単ですよ。
手抜きと言ってもいいくらいににやっても形になります。
はさみで切って、のりで貼って…。
あんまりゴテゴテと詰め込みすぎないで空白になる間をとって作ると可愛い。
シンプル イズ ザ ベスト
上手にできなくても、なんとなくオシャレです。

でも、これは個人的な趣味ですから。
日記と同じで他人様に見せるものじゃありません。
ちゃんと楽しめるように作ってはあるんですが、やっぱりちょっと恥ずかしいですからね。


よしながふみの本を読むときの5W1H

When いつ

活字は読みたくないから、まったりと大人向けの漫画でも読もうかなというとき

こういうこと、あるある。
あー、こういう人いるなぁ。
ありそで、なさそで…やっぱ、ないかぁ。

というような、エピソードが現代物には多いです。
共感できます。短編か連作短編がほとんどなので軽く読めますしね。

時代物やらファンタジー物も、シチュエーションはともかくキャラクタの感性には共感できるところが多いのではないでしょうか。

Where どこで

人前ではやめておきましょう。

なにしろ有名所のBLですから。
ドラマ化アニメ化作品もあるほどメジャーな上に、BLじゃない作品の評判も高いので忘れている人もいらっしゃるようですが…。BL作家の作品なんですよ。
そして、再三申し上げているように好き嫌いが激しく別れるのです。アンチよしながふみも実に多い。

移動時間や待ち時間にもガツガツ読むような作品ではないですからね。
ご自宅でこっそり、ゆっくりどうぞー。

Who だれが

18歳以上の女性が読みましょう。

Hシーンがあります。面白い作品ほど必ずあります。

エロイというより気色悪い…と思う人も確実にいることでしょう。
いえいえ、BLだからと言うわけではありません。
いわゆる腐女子のなかでも、激しく好き嫌いが別れる硬い画風と生々しいベッドシーン。
リアリティはなくても引きそうになるほどの生々しさはある。(そして萌えはあまりない…

これがやはり読み手を選ぶポイントでしょう。

ストーリーは女性はもちろん、男性でも楽しめるような完成度なのですがねぇ。
BL嫌いの方はBLじゃないのを1冊手にとってみてください。

What 何を

よしながふみらしいオススメ作品は『ジェラールとジャック』(白泉社文庫)

BL作品です。
しょっぱなからベッドシーン!!
ただし、その後はたいして刺激的なシーンはなし。

さて、よしながふみ作品全般に言えることですが、華麗かつ疾風怒濤のフランス革命期を描きながらも、トーンを多用しないシャープな画風が洗練されています。
やたら綺羅綺羅しくないところが逆にお洒落で良いですね。
メインキャラは2人。
庶民から成り上がったサド侯爵なみのポルノ作家青年。
娼館に売られた没落貴族の少年。
この2人の主従関係
…ある意味BL作品の王道。
舞台も革命期のフランスだし。王道ですね。

しかし、ストーリーが秀逸でした。
うん、ただのエロを描くのが目的のBL作品とは一線を画しますね。
特に、「愛そうとする、子を、俺は」
この一編は心を揺さぶる力があります。

王道のキャラと王道の設定であるけれども、BL好きではない読者も楽しませる骨格の確りしたストーリー。
好き嫌いはあるけれども、あっさりとした線と間で洗練された画風。
そして、これで萌えられるのだかどうだかよく判らないラブシーン…。

うん、よしながふみ作品と言えばコレでしょう。

Why なぜ

よしながふみ作品を読む理由。

それは、やっぱり無難でキャッチーなストーリーが心を掴むからでしょうね。

かなり独特の画風です。
表現方法も独創的です。
台詞なしで表情だけのコマの連続、あるいは空白のコマ。それだけでキャラクタの心理を“見せる”。役者の表情を追う映画のカメラワークのようです。上手い。
ストーリーもよく練られています。
ふわふわしたお伽噺や単なるポルノにおさまらずに、読者を共感させ感動させます。
よしながふみ作品は、どんなに独特に見えても、実は普遍的なテーマを扱っているのではないでしょうか。
恋愛や親子愛や師弟愛や主従愛や友情や…何かひとつは心の琴線に触れるものがあるんですよ。

そして、少女漫画やBL作品に望まれる「型」というものをよくお分かりでいらっしゃる。

優男の教師。
頭脳明晰で柄の悪い眼帯の青年貴族。
ボンボンのくせに素行の悪い音楽教師。
少し意地の悪い弁護士。
クールなお目付役の執事。
眼鏡のインテリ美青年。
穏和で謎めいたパティシエ。
吟遊詩人。
薄幸の美少年。
捨てられた孤児。
娼館に売られた没落貴族の少年。
わがままで生意気な美少年貴族。
ベルサイユ宮殿。
フランス革命。
法学部のゼミ。
アンティークショップ兼用のケーキ屋。
大奥。
学園生活。

あのー、もしかして読者の意識調査とかマーケティングとかしてます?
と聞きたくなる王道っぷり。

変にはずしているようで、実ははずしていない。
楽しめます。

How どのように

実はもう読んだ作品が文庫にまとめて収められていた…なんてこともあるので、必ず収録作品は確認しましょう。
古い作品は、文庫で買うほうがお得ですね。

BL作品が多いですが、「大奥」は男女ともに評判のSF大作です。
BLではありません。ちょっとBL風味ではありますが。

「きのう何食べた?」は、BLではありますが、それほどきわどくない。むしろコメディ?という感じです。
いや、むしろ料理本? レシピ集?

「愛すべき娘たち」や「子どもの体温」も、生々しくて愛おしい共感できる話。BLじゃありません。
このように、一般人にも読めて、かつ評価の高い作品もあるので、ぜひリサーチの上で読んで見てください。


ジェラールとジャック (白泉社文庫)ジェラールとジャック (白泉社文庫)
(2004/05)
よしなが ふみ

商品詳細を見る




 ↓ ご意見、ご感想、ご批判などありましたら、拍手コメントで!
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。