スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上橋菜穂子  作風レビュー

(2011.1.8 更新)

★★★★★  

著者名

上橋菜穂子

公式サイト

孤笛のかなた 公式サイト 理論社さんのサイトです
http://www.rironsha.co.jp/tokushu/koteki/

守り人&旅人スペシャルページ 偕成社さんのサイトです
http://www.kaiseisha.co.jp/moribito/index.html


代表的な著作リスト

精霊の木   1989年版 絶版   
精霊の木   改訂新版   

月の森に、カミよ眠れ   1991年版 絶版   
月の森に、カミよ眠れ   新版    

隣のアボリジニ 小さな町に暮らす先住民  ノンフィクション 絶版   

孤笛のかなた  

「守り人&旅人シリーズ」
精霊の守り人      既読 初めて読んだのは小三のとき
闇の守り人       既読 一番好きv
夢の守り人       既読
虚空の旅人   チャグム スピンオフ   既読
神の守り人 来訪編       既読
神の守り人 帰還編       既読 
蒼路の旅人   チャグム スピンオフ   既読 チャグムがんばれ! 
天と地の守り人 ロタ王国編       既読 
天と地の守り人 カンバル王国編       既読 
天と地の守り人 新ヨゴ皇国編       既読 完結だー! 
流れ行く者   短編集   既読 ちびタンダが可愛い 


「獣の奏者シリーズ」
獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編       既読 
獣の奏者 Ⅱ 王獣編       既読 ラストは泣きそうになる…
Ⅰ闘蛇編とⅡ王獣編は文庫化(講談社文庫で2冊、青い鳥文庫で4冊)されている    
獣の奏者 Ⅲ 探求編        
獣の奏者 Ⅳ 完結編 
獣の奏者 外伝 刹那   短編集   
・刹那 既読 エリンの方が積極的だったのね 
・秘め事
・はじめての…  

主な受賞歴

第25回日本児童文学者協会新人賞『月の森に、カミよ眠れ』
第34回野間児童文芸新人賞『精霊の守り人』
第44回産経児童出版文化賞ニッポン放送賞『精霊の守り人』
第40回日本児童文学者協会賞『闇の守り人』
第25回巌谷小波文芸賞「守り人シリーズ」
第52回小学館児童出版文化賞『神の守り人』
第42回野間児童文芸賞『狐笛のかなた』


デビュー作

『精霊の木』(1989年)

作風なぞかけ

「上橋菜穂子」 とかけて 「エスニックな創作鍋料理」 と解く。
そのこころは?


「風変わりだが、温かくて凝っていて、誰もが気軽に楽しめる」

あなたの前に出された料理は、ほっかほかの温かい鍋料理です。
主に子ども向けの味付けがされていますが、ときどきスパイスが利いていて大人にも好評の人気メニュー。
老若男女みんなで囲んで楽しく召し上がれます。
鍋ですから、不必要に気取ることはありません。
凝った創作料理ですから、家庭料理ではありません。むしろ日常生活でお目にかかることはまずないでしょう。見たことも聞いたこともない料理を口にするのは、ちょっとした冒険です。しかし、どこか家庭的な雰囲気の漂う料理なのです。

それにしても、創作料理と銘打つだけあって、変わった材料を使っているようですね。
これは何?と訊ねてみたら、聞いたこともない名前がついていました。
果たしてこの世に存在するものなのか?
もしかしたら、別の世界から取り寄せた食材かもしれないと疑ってしまいます。食材の名前も、料理人の造語なのかもしれません。

この鍋料理。完全な和風とは言い難いです。
アジア系のエスニック料理でしょうか?
ところどころ洋風のようでもあります。
うーむ…どこの国のものとも決めかねますが、民族料理なのは間違いないでしょう。
ものすごく美味。素晴らしい出来映えです。
材料にも味付けにも非常に工夫が凝らされているのですが、そこはやはり鍋料理。
基本はシンプルです。鍋料理の醍醐味はしっかり押さえています。

後味もよし!
一度食べたら癖になること間違いなしです。


 上橋菜穂子の本を読むときの5W1H

When いつ

良質なファンタジーを読みたいとき!

これを読まずしてどうする!?
『ハリー・■ッター』だの『ダ▲ン・シャン』だの『ペ◎ー・スー』だの、世に面白いと言われるファンタジーはたくさんありますが…。
そのへん、そんなに面白いか…? (お好きな方、すみません)

「ファンタジー? 『ハリー・ポッ■ー』なら読んだことあるよ! ファンタジーといえば『■リー・ポッター』だよね」なんて言われると泣きたくなります。;;

『指輪物語』(ただし新訳で)や『ゲド戦記』や『ナルニア物語』あたりならともかく…。
それでも、やっぱり翻訳物は原書の魅力には及ばないような気もしますしね。
訳によっては、だいなしになることもありますし…。

とにかく、ファンタジーを読みたいなと思ったら、ラノベや海外物もいいですが、一度日本発のファンタジーを手にとってみてください!

Where どこで

どこで読もうと変わりありません。

異世界に引きずりこまれます。
抗えません。
周りの雑音をすべて遮断してしまうこと間違いなし。
…ときには、雑音の一言で片付けてはいけない大事なものまで遮断してしまうかも。(火災報知器のサイレンとか、授業開始のチャイムとか、上司の呼びかけとか)

安心して集中できる場所にした方がいいようですね。

Who だれが

子どものときに読めば、生涯忘れがたい一冊になることでしょう。

温室育ちで、世間知らずで、蝶よ花よと可愛がられてきた子どもには、主人公たちの過酷な運命と血湧き肉躍る冒険は心地よい刺激になるはず。
主人公たちと苦難を分かち合い、少し成長したような気分になれる…飽くまで成長したような気分に。

ふふ…
残念ながら、人生ってものは、一冊の本や一分間の深△イ話で劇的に変わるものではないんです。

けれど、これほど上質な冒険ファンタジー、成長物語がそうそう他にあるでしょうか?
身近な子どもに読ませたい!という気持ちは抑えがたい。

どうぞ、あなたの周りの少年少女に薦めてあげてください!

What 何を

上橋菜穂子らしいオススメ作品は『精霊の守り人』

守り人&旅人シリーズの始まり!

貴種流離譚、行きて帰りし物語、成長物語、化け物退治…。
面白い物語の肝をもらさず押さえています。
本来は児童文学ですから、子どもにも分かりやすいシンプルな筋書き。
なおかつ、大人にも楽しめるディティールが満載。

子どものときに読んで、さらに大人になって再読すると違った楽しみ方ができることでしょう。

Why なぜ

本来は児童向けの上橋菜穂子作品を読む理由?

それは、魅力的なキャラクタ面白いストーリーというだけでは終わらないディティールがあるから。

先住民と征服民の関係。
呪術師の社会的立場。
村社会の掟。
因習や祭祀に隠された意義。
為政者に都合良く歪められた歴史。
統治者の支配を理論づける伝説。
国ごと地方ごとに異なる風土。
信仰。
習俗。

深い民俗学の知識に裏打ちされた設定は極めて詳細でリアルです。
それによって、完成されたひとつの世界が生み出されます。
子どもの頃には読み切れなかった数々のサブテーマが、大人になった今でも読み手を惹きつけ、上橋菜穂子作品を手に取らせます。

そして、上橋菜穂子の世界を構成する習俗の中でも特に食べ物が!
素敵です。
おいしそうです。
涎がでそうです;;
架空の野菜、架空の獣肉、架空の香辛料で作られた料理なので、どんなに望んでも食べることは不可能。
ですが、なんとなく現実の材料を使って似せてみたレシピ集なんかも出版されているようなので、今度作ってみようかな。
極度の料理嫌いの管理人まで、そんな気にさせるほどの描写力なのですよ。

How どのように

自分の想像力をフル稼働させましょう。

美味しい料理の匂いが漂ってきませんか?
お味はいかが?
寝具の肌触りはどうですか?
剣戟の音が聞こえてきますか?

行間から立ち現われる、どこかに実在しそうな世界をたゆたう楽しみこそ、上橋菜穂子作品の醍醐味ですよ!!

だから、原作を読む前にアニメを見るのはオススメできません…。
もっとも、原作を読んだら読んだで、自分のイメージが壊されるのを恐れてアニメを見られなくなるのですがね;(どーせーっちゅーねん)

いえ、「守り人&旅人シリーズ」にしろ「獣の奏者シリーズ」にしろ、アニメの出来はいいですよ。
アニメ単体で十分楽しめると思います。
完成度が高い証拠です。
しかし…うーむ。
アニメは子ども向けの印象が拭いがたかったり世界観を表現し切れていなかったりと、少々物足りないのも事実。

アニメがお気に召さなくても、読まず嫌いなさらずに、ぜひ原作を手にとってみてください。

その際、ハードカバー、ソフトカバー、文庫の三種類から選べる場合が多いと思います。
装幀や挿絵はハードカバーが魅力的ですね。
ただ、子ども向けなのでひらがなが多い。
その点、ソフトカバーや文庫は漢字に直されています。大人にも読みやすくていいですよ。
ソフトカバーは文庫よりもちょっと値がはりますが、ハードカバーよりもリーズナブル。デザインやイラストはハードカバーと重なっていて世界観を損ないません。ハードカバーは素敵だけど手を出しづらいという方に最適。
文庫は軽くて安くていいですね。持ち運びも楽々。カバー絵もラノベっぽくなくて誰でも楽しめます。

さあ、どれを買うか決まったら、今すぐ本屋さんへGO!


精霊の守り人 (偕成社ワンダーランド)精霊の守り人 (偕成社ワンダーランド)
(1996/07)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ : 読書に役立つ情報
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■「命を産み育む愛」に目を向けて

☆『パパとママからのラブレター 生まれてくれて、ありがとう』  (Create Media編/ノンカフェブックス刊/予価1200円※税別) 「どんな人...

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。