スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荻原規子  作風レビュー

(2011.1.8 更新)

★★★★

著者名

荻原規子

公式サイト

ブログ名 アンダンテ日記 

公式サイト時の娘は休止中のもよう。
ブログは読めるので、そちらへどうぞ。


代表的な著作リスト

「勾玉 三部作」
空色勾玉       既読 千羽矢のとぼけっぷりが可愛い
白鳥異伝       既読 男の子に女装させるのがデフォ?
薄紅天女       既読 略奪婚v


これは王国のかぎ       既読 
樹上のゆりかご  既読 いい男だらけだな
  『これは王国のかぎ』と同じ主人公 続編ではない


「西の善き魔女」シリーズ
(中央公論社 C・NOVELSファンタジア)
西の善き魔女1 セラフィールドの少女       既読 DNA鑑定?
西の善き魔女2 秘密の花園       既読 おいおい…;BL好きなのか?
西の善き魔女3 薔薇の名前       既読
西の善き魔女4 世界のかなたの森       既読 ルーンがんばれ
西の善き魔女5 闇の左手       既読
西の善き魔女 外伝1 金の糸紡げば  既読 ルーンを抱きしめたくなる
  本編1巻以前の子ども時代の話 
西の善き魔女 外伝2 銀の鳥 プラチナの鳥   既読
  本編4巻と5巻の間の話 
西の善き魔女 外伝3 真昼の星迷走  既読 バード…好きだ 
  本編5巻の続き 実質的最終巻 

(中央公論新社 ハードカバー)
西の善き魔女 旅立ちの巻  上記、本編1・2巻収録  
西の善き魔女 戦いの巻  上記、本編3・4巻収録 
西の善き魔女 世界の扉の巻  上記、本編5巻・外伝1巻収録
西の善き魔女 星の詩の巻  上記、外伝2・3巻収録 

(中央文庫) 通巻が変更。ノベルス版の外伝2巻が、5巻目に。
西の善き魔女I セラフィールドの少女
西の善き魔女II 秘密の花園
西の善き魔女III 薔薇の名前
西の善き魔女IV 世界のかなたの森
西の善き魔女V 銀の鳥プラチナの鳥
西の善き魔女VI 闇の左手
西の善き魔女VII 金の糸紡げば
西の善き魔女VIII 真昼の星迷走


 
風神秘抄       既読 

「RDG」シリーズ
RDG レッドデータガール はじめてのお使い       既読 地味めの子が主人公 
RDG 2 レッドデータガール はじめてのお化粧       既読 キャラが増えてきた 
RDG 3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた       既読 展開がたるい…

ファンタジーのDNA    エッセイ   既読 

主な受賞歴

第22回日本児童文学者協会新人賞『空色勾玉』
第27回赤い鳥文学賞『薄紅天女』
第41回産経児童出版文化賞『これは王国のかぎ』
第55回小学館児童出版文化賞『風神秘抄』
第46回日本児童文学者協会賞『風神秘抄』
第53回産経児童出版文化賞・JR賞『風神秘抄』

デビュー作

『空色勾玉』(1988年)

作風なぞかけ

「荻原規子」 とかけて 「天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ」 と解く。
そのこころは?


「健気な女の子の奮闘を、じっくりと楽しみたい」


 五節の舞姫を見て詠める

天つ風 雲の通ひ路 吹き閉ぢよ をとめの姿 しばしとどめむ 

僧正遍照
  「古今集」雑上(872)

「空吹く風よ、雲の中にあって天上と地上とを結ぶ道を閉ざしておくれ。天女の舞う姿を、もうしばらくこの地上にとどめておこう」


小倉百人一首にも収録されている有名な歌です。
舞姫を天女にたとえることで、宮中と天上の世界とが重なり、えも言われぬ雅やかな幻影を醸し出してくれます。

五節の舞というのは、古来、新嘗祭などの折に宮中で奏される、音楽を伴った少女たちの舞のこと。
天武天皇が吉野へ行幸した際、天上から降りてきた天女から舞を授けられたという伝説があるのですが、その舞を4ないし5人の舞姫が舞います。
舞姫に選ばれるのは、公卿国司の家の未婚の娘たち。

いいところのお嬢さんです。
というか、お姫様です。

それぞれの家は、威信をかけて、娘たちばかりかお付きの童女まで、競って美しく装わせて参内させたのだとか。初めて宮中に上がる世間知らずな娘もいたことでしょう。そんな娘にとっては、宮中なんて異世界。ちょっとした冒険ですね。
毎年、このときには宮中が華やいで活気に満ちたそうです。

無邪気可愛らしいお姫さまたちが若い貴公子の注目をあびたことは間違いありません。
恋の駆け引きもあちこちで行われたことでしょう。

しかし、五節の舞は、ただの楽しい催しではなく、大切な神事でもありました。五節の舞には、呪術的な意味があったと考えられます。
彼女たちは、国の鎮護のために舞う巫女でもあったのです。
そのためか、五節の舞の練習は、それは厳しいものだったとか。
帝の御前での試験まであったそうです。
年端もいかない少女たちは一生懸命に練習に励み、艱難辛苦を乗り越えて、五節の舞に挑みます。

乙女が、周囲の期待や批評に耐え、健気に舞う姿は、舞が終わってしまうのが惜しくなるくらいに観客を惹きつけたに違いありません。


荻原規子の本を読むときの5W1H

When いつ

暇で困っているときに読み始めましょう。

すぐに、暇じゃなくなりますから。
よかったですね。

…軽ーく読めそうな気がするんですよね。
…さくさく読めそうな気がするんですよね。

でも、実は骨格のしっかりしたスピード感のあるスペクタクルな長編ファンタジーですから!
キャラの性格とテンポのせいで忘れがちになりますが、結構深刻な設定ですから!

ころころ変わる舞台と、うじゃうじゃ登場するエキストラたち……。
楽しいんだけど、たしかに楽しんだけどっ; 
地名とキャラ名を正確に頭に入れようと思ったら、本腰入れて読みこなさなければなりませんよ。
たかが児童書、たかがライトノベル、たかがヤングアダルトと侮るなかれ。

暇で困っているときに読むのは正解ですが、
ちょっとした暇つぶしに読もうとするのは不正解です。というか無謀です。

Where どこで

生活感のないところにしましょう。

所帯じみたリビングダイニングとか、
兄弟姉妹の散らかした子ども部屋とか、
そういう、あまりにも庶民っぽくて、泥臭い場所だと…

「私はお姫様v 私は冒険中v 私は………チッ、こちとら、どうせローンがウン十年残った2LDKに住んでいるただの女子だよ( ̄∩ ̄# 」

って気分になるかもしれません。

いや、邪魔さえ入らなければ、周りを気にせずにどっぷり嵌り込むことができる物語だと思いますが。
その分、
「ちょっと、そこ片づけてよ~」
とか
「お姉ちゃん~? 何読んでんの~?」
とか話しかけられると、
「…………( ̄∩ ̄# 」
すっごく、イラッとすると思います。

邪魔の入らない場所でどうぞ!

Who だれが

想像力(妄想力?)たくましい女の子にオススメ!

私は本当は別世界のお姫様で、自分でも気づいていない不思議な力があって、いつか王子様が迎えに来てくれるの…v でも、悪の陰謀で彼と引き離されてしまうのよ。世界を救うために、何よりも2人の恋のために、可憐で健気な私は冒険して戦うわっ! 
……………何よ? 言いたいことでもあるの? 水をささないでくれる? 想像するくらい自由でしょ!?

このくらい強気な夢見る女の子なら、ヒロインたちに感情移入して(むしろ乗り移って)、物語にどっぷり浸れることでしょう!

What 何を

荻原規子らしいオススメ作品は『空色勾玉』 

皇子さま(?)、稚羽矢の天然っぷりと、
お姫さま(?)、狭也の視野狭窄っぷりを、
「可愛いv」
と許せるなら、嵌れます。

大丈夫です。
許せます。
この年若い少年少女、素直で健気です。
いい子たちです。
思わず助けてあげたくなるって、上に立つ者として重要な才能だと思いません?

可愛い主人公たちと、きれいな世界観と、乙女チックなストーリーと、感情移入しやすい文章。
凝ったファンタジーです。
アップテンポな展開です。

冒険ファンタジー少女漫画を読むような感覚でどうぞ~v

Why なぜ

荻原規子作品を読む理由。

それは、周りにチヤッホヤしてもらえるお姫様になったつもりで冒険気分を味わえるから。

いやいや、別にヒロインをけなしているわけではありませんよ。

がんばり屋さんで、前向きで、素直で、健気で、強気で、可愛いお嬢様ですから。
事情があって今は下々に身をやつしているけれども天性の気品は隠しようがないお姫様ですから。
やんごとなき身の上でありながらも、明るく優しい普通の女の子として振る舞い、誰からも好かれる女の子ですから。
しなくてもいい苦労をしてでも、みんなのため、自分のため、恋人のために一生懸命になってくれるヒロインですから。
世間知らずの少女を1人送り出すのは心苦しい冒険に乗り出そうとしている主人公なんですから!
周りの男たちはもちろん、女友達だって、みんなが彼女をチヤホヤしたくなるってもんですよ!

応援するのみならず、ヒロインになったつもりで綺麗な世界観と爽快な冒険を味わうと…。
すっごくいい気分v
ラストには甘い幸せに浸れますv

How どのように

ノベルス版は手に取りにくい…という方もいらっしゃるはず。
少女漫画チックな華麗なイラストですからね;
中身にふさわしくて、これはこれで良いんですが。

しかし、ご安心ください。
ハードカバーも文庫もあります。大人向けのデザインで良いですよ!
「西の善き魔女」シリーズの文庫版も、なかなか雰囲気のある絵で良いです。

荻原規子作品は、そもそも若年層向き…というか、最初は児童文学として出版されました。
今は、ラノベやら一般向けやらのレーベルからも出版されています。
何度も版が重ねられてカバーデザイン、挿絵、判型等が一新されている本が多いので、自分がどれを求めているのかよくよく確かめてからお買い求めになった方がよろしいでしょう。

それはともかく。
児童文学として評価されただけあって、子どもでも楽に読めます。
楽しい物語のポイントをはずしていません。
「行きて帰りし物語」 「貴種流離譚」 「囚われのお姫様」 「英雄」 「さすらいの王子様」 「伝説の宝物」 「王家の秘密」 
このへんのキーワードに、そそられて下さいv

児童文学の賞をバンバン取っているせいか、図書館や書店では、児童文学コーナーに並んでいることが多いですね。
あれー? ないなー? というときは、児童書の棚もチェック!


空色勾玉 (徳間文庫)空色勾玉 (徳間文庫)
(2010/06/04)
荻原 規子

商品詳細を見る



 ↓ ご意見、ご感想、ご批判などありましたら、拍手コメントで!
スポンサーサイト

テーマ : 読書に役立つ情報
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。