スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁井ユカコ 「キーリ」 シリーズレビュー

(2010.7.2 更新)

★★★★
  電撃文庫です。ラノベらしくない文章の句読点の少なさが特徴? 
  ラジオの存在だけで★1つ追加したv(おい) 
  キャラと世界観が突出しています。
  

著者名

壁井ユカコ

シリーズ名

「キーリ」

公式サイト

サイト名 パルプチャンネル


「キーリ」シリーズ著作リスト  「キーリ」は、ほぼ連作短編形式    

キーリ 死者たちは荒野に眠る       既読
キーリⅡ 砂の上の白い航跡      既読
キーリⅢ 惑星に往く囚人たち      既読
キーリⅣ 長い夜は深淵のほとりで      既読 
キーリⅤ はじまりの白日の庭 上      既読
キーリⅥ はじまりの白日の庭 下      既読
キーリⅦ 幽谷の風は吠きながら      既読
キーリⅧ 死者たちは荒野に永眠る 上      既読
キーリⅨ 死者たちは荒野に永眠る 下      既読

キーリ WILD AND DANDELION    単行本 番外編 ビジュアルノベル  


一応、他の著作も載せておきます

「鳥籠荘」シリーズ(電撃文庫)
鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 既読
鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 2
鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 3
鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 4 
鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 5 
鳥籠荘の今日も眠たい住人たち 6 Blood Party!


カスタム・チャイルド 既読
カスタム・チャイルド-罪と罰-(メディアワークス文庫既読 救われねぇ!;
NO CALL NO LIFE  単行本 文庫もあり 

エンドロールまであと、   単行本 ソフトカバーもあり

イチゴミルク ビターデイズ   単行本

14f症候群   単行本

クロノ×セクス×コンプレックス 1~3
 …刊行中

五龍世界 霧廟に臥す龍 単行本 


だんだん著作リストが手抜きになってきている…; すいません… 

主な受賞歴

第9回電撃ゲーム小説大賞『キーリ 死者たちは荒野に眠る』

デビュー作

『キーリ 死者たちは荒野に眠る』(2003年)

「キーリ」シリーズ作風なぞかけ

「壁井ユカコ」 とかけて 「廃墟の子ども部屋に散らかった玩具たち」 と解く。
そのこころは?


「朽ちていくにまかせながらも、なんとなく救いを求めているように見える」

静かです。
壁は崩れ、屋根は壊れ、窓ガラスは割れ、家具はひっくり返り、玩具は散乱していて、落ち着いているとは決して言えないのですが、静かです。

しかし、無音ではありません
ちょろちょろと小動物が走り抜けていったり、小鳥のさえずりが聞こえたり、時にはこの世ならぬものが彷徨っていることも…。何せ、そういう雰囲気満点廃墟ですから。

ここでは、時間は静謐ゆっくりと流れていきます。
輝かしい未来に向かって突き進んでいくようなエネルギーはありません
この世界は、ただ滅びに向かっていくだけです。
煤けて錆びて崩れて朽ちていく寂れた世界。
虚無感脱力感喪失感寂寞寂寥、etc. のような微妙な感慨があります。

でも、悲愴な嘆きに満ちているわけではありません。
なんとなく迷い込んで通り過ぎていく生者たち。
夜ごとに迷い出て悪戯をしていく死者たち。
時には玩具たちも踊り出します。 おどるオモチャのチャ、チャ、チャ…♪

まあ、みんなそれなりに楽しく気ままにやっているみたいですね。

壁井ユカコの「キーリ」シリーズを読むときの5W1H

When いつ

「ハイテンションなラノベを読む気力はねーよ…;;」というときにどうぞ。
または、「ちょっと、しんみりしたい」というときに

鬱になるほどではなく、適度にヒートダウンできます。

スローライフ。
ローテンション。
ゆっくり。
ゆったり。
マイペース。
現実逃避。
友達以上恋人未満。
ルンペン。
ボヘミアン。

そんな言葉に惹かれるときに読むと、なごむか、えぐられるかのどちらかでしょう。
なごめるといいですね!

Where どこで

ご近所の廃墟とか。
子どものころに作った秘密基地とか。
隠れんぼのためのとっておきだった隠れ家とか。

時間が止まったような空間。誰にも邪魔されない場所がオススメ!

幽霊と死人だらけの世界に一人寂しく浸ってください。

Who だれが

どこか遠くに行きたい人へ、「キーリ」をそっと手渡したい。

逃げたいんですね?
そうですね?

でも完全に世捨て人になりたいとは思っていないし、なれる自信もない?
旅に出たいけど道連れは欲しい?
まだ、友達と遊んだり恋をしたりもしてみたい?
あんまり友達いないし、恋人募集中だけどねっ; というあなた。

ここに、いろんなものから逃走中の(そのわりにトラブル引き寄せ体質の)男女がいます。
彼と彼女のあてどない(途中でいろいろ目的ができるけど)旅についていってみませんか?

あまり力の入っていない成長物語から、何か得られるものがあるかもしれません。


おっと、ネタバレなので反転しつつ警告をひとつ。
未読者は見てはいけない、未読者への警告って…無意味だよね? と思いつつ…;
「そうして王子様とお姫様はいつまでも幸せに暮らしました。
めでたし、めでたし。」
というラストでないと許せないハッピーエンド至上主義者の方には「キーリ」は微妙かも?


What 何を

壁井ユカコ「キーリ」シリーズ中のオススメ作品は
  『キーリ 死者たちは荒野に眠る』(シリーズ第1巻)

設定の基本が書かれているし、連作短編集で読みやすいし、きれいに終わってるし。
それに、シリーズの全部を集約しているような気がするなあ…。
というわけでコレがオススメ。

ダメダメな生活無能力者のお兄さんと、
ヒヤヒヤさせっぱなしの手の焼ける女の子が、
出会って、くっついて、別れて、また出会って、くっついて…。
非現実的かつ、これといった希望のない世界へ逃避行。

理想とか救済とか希望とか未来とか…あるような、ないような。
絶妙な無力感。
努力とか信念とか執着とか抵抗とか…あるような、ないような。
絶妙な諦観。

なのに、暗くもないし鬱陶しくもない。
むしろ、ときどき、もがいてみたりあがいてみたりする様子は可愛いし健気で明るい?

この2人、良いです。

Why なぜ

壁井ユカコ「キーリ」シリーズを読む理由。

それは、あの朽ちて寂れた世界観が想像力(妄想力?)を刺激してくれるから

廃墟に魅力を感じたり、古道具に浪漫を感じたりしたことありません?
妖怪やら幽霊やら住み着いていそうな古屋敷にわくわくどきどきしたことありません?
不可解で奇妙な昔語りや怪談に聞き入ったことありません?
そこのアンティークラジオが勝手にしゃべり出したら素敵だと思いません? (え?)

そんなときと似た気分を味わうことができます。

「キーリ」の世界観、好きだ!

How どのように

えー、さんざんスローテンポでゆるいお話だよv みたいな紹介をしておいて何ですが…。

後半はけっこうキッツイ怒濤の展開かも? (すいません;)

いえ、後半になっても「キーリ」らしさは失われていないんですが。
それでも、
ダメダメなお兄さんが少し頑張るようになったり、
手の焼ける女の子がちょっぴり大人になったり、
成長してるなぁ。
というわけで。
最初からそれなりにシリアスでそれなりにヴァイオレンスだったけど、キャラクタが強くなってきたからそろそろ本格的にシリアス&ヴァイオレンス路線に突入ねv
という感じ?

ずーっと1巻のテンポだと飽きるかもしれないので、これでよいと管理人は思っていますが。
裏切られたような気分になる方もいらっしゃるかもしれません。
薦めてしまった者として先に謝っておきます; ごめんなさい;
でも、面白いよ!
後半になるほど、続きが気になるよ!

覚悟しつつ、ハンカチを手元に用意して、ちょっとは癒しになるようなアンダンテ(ゆっくり歩くような速さ)の音楽でもかけながら、読んでみてください!

キーリ―死者たちは荒野に眠る (電撃文庫)キーリ―死者たちは荒野に眠る (電撃文庫)
(2003/02)
壁井 ユカコ

商品詳細を見る



 ↓ ご意見、ご感想、ご批判などありましたら、拍手コメントで!
スポンサーサイト

テーマ : 読書に役立つ情報
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。