スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩田陸  作風レビュー

(2009.10.22 更新)

★★★★

著者名

恩田陸

代表的な著作リスト

六番目の小夜子  既読  もやっ…うーむ…とある場面が好きだ♪
象と耳鳴り  既読 うむ♪ 『六番目の小夜子』の主人公の父と兄姉のスピンオフ作品 
 ・新D坂の殺人事件
 ・給水塔
 ・象と耳鳴り
 ・海にゐるのは人魚ではない
 ・ニューメキシコの月
 ・誰かに聞いた話
 ・廃園
 ・待合室の冒険
 ・机上の論理
 ・往復書簡
 ・魔術師
pussle  既読 ぅ…うん? 『六番目の小夜子』 の主人公の兄のスピンオフ作品
図書室の海  既読 ほお♪
 ・春よ、こい
 ・茶色の小壜
 ・イサオ・オサリヴァンを捜して
 ・睡蓮
 ・ある映画の記憶
 ・ピクニックの準備  『夜のピクニック』の予告編 
 ・国境の南
 ・オデュッセイア
 ・図書室の海  『六番目の小夜子』の主人公の姉のスピンオフ作品
 ・ノスタルジア


球形の季節   既読 もやっ…

不安な童話 
 

三月は深き紅の淵を   既読 もやっ…好きだけど♪ 
  ※『麦の海に沈む果実』『黒と茶の幻想』等のパラレル?予告編とみるべきか。
 
 ・第一章 待っている人々
 ・第二章 出雲夜想曲
 ・第三章 虹と雲と鳥と
 ・第四章 回転木馬
麦の海に沈む果実  既読 もやぁ…大好きだけど♪
朝日のようにさわやかに 
 ・水晶の夜 ヒスイの朝  既読 うん♪ 『麦の海に沈む果実』のヨハンのスピンオフ作品
 ・ご案内
 ・あなたと夜と音楽と
 ・冷糖みかん
 ・赤い毬
 ・深夜の食欲
 ・いいわけ
 ・一千一秒殺人事件
 ・おはなしのつづき
 ・邂逅について
 ・淋しいお城
 ・楽園を追われて
 ・卒業
 ・朝日のようにさわやかに
黄昏の百合の骨  既読 もやっ… 『麦の海に沈む果実』続編
黒と茶の幻想  既読 うーん? 『麦の海に沈む果実』登場人物のスピンオフ作品


光の帝国 常野物語   既読 ほほお♪
 ・大きな引き出し
 ・二つの茶碗
 ・達磨山への道
 ・オセロ・ゲーム
 ・手紙
 ・歴史の時間
 ・草取り
 ・光の帝国
 ・黒い塔
 ・国道を降りて… 
蒲公英草子  既読 ふむ♪
エンド・ゲーム 常野物語  既読 もやもやっ… 「オセロ・ゲーム」(『光の帝国 常野物語』所収)の続編


木曜組曲   既読 ふむ♪
 

月の裏側   既読 もやっ…
不連続の世界 
 ・木守り男
 ・悪魔を憐れむ歌
 ・幻影キネマ
 ・砂丘ピクニック  『月の裏側』の関連作品 未読でも問題なし 
 ・夜明けのガスパール


ネバーランド   既読 うんうん♪
 

上と外 1 素晴らしき休日(幻冬舎文庫)  未読 ちょっと期待。読もうかな♪
上と外 2 緑の底 (幻冬舎文庫)
上と外 3 神々と死者の迷宮 上(幻冬舎文庫)
上と外 4 神々と死者の迷宮 下(幻冬舎文庫)
上と外 5 楔が抜けるとき(幻冬舎文庫)
上と外 6 みんなの国(幻冬舎文庫)
上と外 文庫全6冊を1冊にまとめた単行本
上と外 上(幻冬舎文庫) 文庫全6冊を2冊にまとめた新文庫版
上と外 下(幻冬舎文庫)


ライオンハート   既読 へぇ♪ 
 ・エアハート嬢の到着
 ・春
 ・イヴァンチッツェの思い出
 ・天球のハーモニー 
 ・記憶


MAZE メイズ  既読 ふーん♪
クレオパトラの夢  既読 うん♪


ドミノ  

劫尽童女  既読 もやっ…でも好き♪
 
ロミオとロミオは永遠に 

ねじの回転   既読 ふむ。


蛇行する川のほとり 1(中央公論新社)  既読  うん♪
蛇行する川のほとり 2(中央公論新社)  既読  ふむ♪
蛇行する川のほとり 3(中央公論新社)  既読  うんうん♪
蛇行する川のほとり 新書版全3冊を1冊にまとめた単行本(新潮文庫版もあります)


まひるの月をおいかけて   既読 もやっ…

禁じられた楽園   既読 もやっ…好きだけどね♪

Q&A   既読 もやっ…でも好きなんだ♪

夜のピクニック  既読 ふむふむ♪

夏の名残りの薔薇  既読 もやもやっ…

ユージニア  既読 もやもやっ…だが、好きだよ♪

「恐怖の報酬」日記-酩酊混乱紀行 エッセイ 

小説以外 エッセイ

ネクロポリス 上  既読 ほぉ♪
ネクロポリス 下  既読 え?…もやっ…好きだけどね♪

チョコレートコスモス  既読 うんうん♪

中庭の出来事  既読 うん?もやもやっ…

木漏れ日に泳ぐ魚

いのちのパレード

猫と針  戯曲

きのうの世界

ブラザー・サン シスター・ムーン 「糾える縄のごとく」(雑誌「文藝」所収)の本編

メガロマニア 紀行文 写真が多い

訪問者  未読 恩田作品から遠ざかっていたけど久々に期待。

六月の夜と昼のあわいに 
 ・恋はみずいろ
 ・唐草模様
 ・Y字路の事件
 ・約束の地
 ・酒肆ローレライ
 ・窯変・田久保順子
 ・夜を遡る
 ・翳りゆく部屋
 ・コンパートメントにて
 ・Interchange

私の家では何も起こらない 
・私の家では何も起こらない
・私は風の音に耳を澄ます
・我々は失敗しつつある
・あたしたちは互いの影を踏む
・僕の可愛いお気に入り
・奴らは夜に這ってくる
・素敵なあなた
・俺と彼らと彼女たち
・私の家へようこそ
・我らの時代


主な受賞歴

第26回吉川英治文学新人賞『夜のピクニック』
第2回本屋大賞『夜のピクニック』
第59回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)『ユージニア』
第20回山本周五郎賞『中庭の出来事』

デビュー作

『六番目の小夜子』(1992年)

作風なぞかけ

「恩田陸」 とかけて 「行方不明の遊覧飛行船」 と解く。
そのこころは?


「わくわくする世界へ飛ばしてくれるけど、回収不能で不安が残ります」

透明感のある青い空を思い浮かべてください。
さわやかに涼しい風が吹き抜けます。
どこまでも高く青く透き通る空に、ぽっかりと浮いた飛行船を見つけました。
何色なのかよくわかりません。見る角度によって色を変えます
飛行船なんて現在ではめったに見ることがありませんね。
なんとなく懐かしく切なく郷愁を誘われます。
あなたも、その飛行船に乗ってみました。
静かに独特のテンポで空を行く船は、あなたにわくわくするような別の世界を見せてくれるでしょう。

が。

「あれ? これ、どこへ行くの?
遊覧飛行はもう終わったの? 
ねえ。さっきの続きが見たいんだけど、このまま進んじゃうの?
え~?
ちょっと、これからどうなるの~??? 今どこよ~???」

「みなさまのご想像におまかせします」

完。

恩田陸の本を読むときの5W1H

When いつ

青春の香りを纏って笑いさざめく少年少女たち。
大真面目に未確認飛行物体を探している風変わりな知人。
どんどん成功して先に進んで言ってしまう同級生。
彼らとすれ違った時に、ふと思います。

ああ、小さい頃どんな未来を待っていたんだっけ?

別に哀しいわけじゃないけど。
あてがあるわけでもないけど。

なんとなく、どこかに行きたくなったとき。どこかに帰りたくなったとき。

ゆっくりと心を落ち着けて、現実世界から恩田陸ワールドへ、しばらくお出かけしましょう。
 
Where どこで

うるさい場所や慌ただしい場所なんてもってのほか。
じっくりゆっくり腰を落ち着けられる場所で読みましょう。

お気に入りの静かな喫茶店なんていかがですか?
図書館のふかふかのソファーもいいですね。

自分の家?
悪くはないけど、いつなんどき日常の雑事が邪魔をしてくるかもしれない場所は、恩田作品に浸るのにベストとは言えないかも。

もはやファンタジーに近い学園生活に胸ときめかせているときに、
「ピンポーン、お届け物デース」
なんて言われたら、「てめえのトコロは、二度と利用してやるか」という気持ちに。
罪のない宅配業者の顧客が一人減ってしまいます。
ついでに、今まで浸っていた世界と現実のあまりの落差にショックを受けるかもしれません
気をつけましょう。

Who だれが

ミステリィ、お好きですか?
ホラー、お好きですか?
SF、お好きですか?
ファンタジー、お好きですか?
学園もの、お好きですか?

それらを全部足して5で割ったような、文章からそこはかとなく漂う 芳香 を楽しめる方にオススメします。
あくまで、芳香 を…。
そこのあなた、雰囲気を楽しむんですよ、雰囲気を!

完璧に整合性のあるミステリィ?
リアルな既視感を覚えるような学園もの?
そんなものを期待してしまうあなたは恩田作品には向きません。

特に、ミステリィの謎解きこそ命という方は、恩田作品の大部分に手を出すべからず。

好みの世界観なら、意味だのオチだのはどうでもいいぜ!と言い切れるあなたにオススメ。

What 何を

いかにも恩田陸らしいオススメ作品は「イサオ・オサリヴァンを捜して」(『図書室の海』収録)
短編集の中の一作品だから、初めての方でも気軽に読めます。
恩田作品らしいキャラクタ、恩田作品らしい世界観、恩田作品らしい叙情的な文体、恩田作品らしい微妙なラストと余韻

パーフェクト!

これを読んで、? と思った方は、恩田陸は肌に合わないかもしれません。

Why なぜ

恩田陸作品を読む理由?
それは、本筋と無関係にちりばめられた、世間話、豆知識、箴言、小ネタ等のやけに印象に残る断片が私を呼ぶからですよ。あなたも、恩田陸に一度出逢ってしまったら、呼ばれます。

それから、あの美男美女やら美少年美少女やら天才やら変人やらが、ありあまる魅力を振りまいて私を呼ぶからですよ。
くどいくらい、王道に魅力的なキャラが、妙に心に残るエピソードを語り、妙に心を奪う会話を交わすのです。

さらに、なんとも言えない蠱惑的な舞台で発生した、気になって気になって仕方のない事件が私を呼ぶのですよ。
それがたとえ解決しない事件であっても構わない、キャラと舞台と事件が私を酔わせてくれるから!と言い出したら、あなたは確実に恩田作品に呼ばれるようになっています。

How どのように

事前のリサーチが必須!

ファンなら書店で新刊を買って読むべし!
と言いたいところですが。
「あ、恩田先生、新刊出してくれたんだ。買っちゃえー」というあなたを敢えて止めます。

「ちょっと待ちなさい」

これほどに、同一作者でありながら(そして作風や文体が大きく異なるわけでもないのに)作品によって評価の分かれる作家が他にいるのだろうか?

新刊を発見したら…
 1 ネット検索で評判を探る
 2 すでに読んだ友人に感想を聞く。
 3 書店でぱらぱらっと立ち読みしてみる。  
以上の3点ははずせませんな。

ポイントは、
  ・過程の盛上がり方。
  ・最後まで読ませる魅力。
  ・最後にオチはつくのか。
  ・読後感。
の4つですかね。
自分の好みをよく把握しておくことが大切です。
オチがなくても途中が楽しめるなら大丈夫そうだなとか、オチがないのは嫌だとか、読後感はすっきりとしているほうが好きとか、わけがわからなくても余韻が残る方がいいとか。

ダメそうだなと思ったら、
 1 文庫になってから買ってみる
 2 古本屋で買ってみる
 3 図書館で借りる
という方法がありますが、

恩田作品のファンなら、やっぱり新刊で真っ先に買って読みましょう!!
そして、みんなのためにネットに書評をUPするのです!!


よろしくお願いします(土下座)


図書室の海 (新潮文庫)図書室の海 (新潮文庫)
(2005/06)
恩田 陸

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : 読書に役立つ情報
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。