スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎  作風レビュー

(2011.1.8 更新)

★★★

著者名

伊坂幸太郎

代表的な著作リスト

オーデュボンの祈り     既読 カカシが大好きだ

ラッシュライフ 
  『重力ピエロ』『フィッシュストーリー』『オーデュボンの祈り』と共通する人物が登場 


陽気なギャングが地球を回す 
  登場人物の名前が『アヒルと鴨のコインロッカー』に出てくる   既読
陽気なギャングの日常と襲撃     既読 便利な能力だらけ


重力ピエロ   主人公が『死神の精度』にも登場するらしい   既読 

アヒルと鴨のコインロッカー     既読 お前だったのか

チルドレン   連作短編集 
 ・バンク
 ・チルドレン
 ・レトリーバー
 ・チルドレン2
 ・イン

グラスホッパー     
マリアビートル   グラスホッパー続編(これ単体でも読めるらしい) 

死神の精度     
 ・死神の精度
 ・死神と藤田
 ・吹雪と死神
 ・恋愛で死神
 ・旅路を死神
 ・死神対老女


魔王   『死神の精度』の死神が登場するらしい 
   
既読 他の作品とテイストが違う 
 ・魔王
 ・呼吸
モダンタイムス   『魔王』の後の話。『魔王』の続編というわけでもなさそうな…  

 
砂漠     

週末のフール   連作短編集   既読 
 ・週末のフール
 ・太陽のシール
 ・籠城のビール
 ・冬眠のガール
 ・鋼鉄のウール
 ・天体のヨール
 ・演劇のオール
 ・深海のポール

フィッシュストーリー     
 ・動物園のエンジン
 ・サクリファイス
 ・フィッシュストーリー
 ・ポテチ

ゴールデンスランバー     

あるキング     

SOSの猿 

オー!ファーザー     

バイバイ、ブラックバード   連作短編集 


主な受賞歴

第5回新潮ミステリー倶楽部賞『オーデュボンの祈り』
第25回吉川英治文学新人賞『アヒルと鴨のコインロッカー』
第57回日本推理作家協会賞短編部門賞「死神の精度」
第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞『ゴールデンスランバー』

デビュー作

『オーデュボンの祈り』(2000年)

作風なぞかけ

「伊坂幸太郎」 とかけて 「完成見本をなくした立体ジグソーパズル」 と解く。
そのこころは?


「何ができあがるのかわからないけど、バラバラだった断片が一点に向かって収斂していく様は快感」


さて、あなたは、バラバラのジグソーパズルのピースを前に途方にくれています。
というのも、このパズルの完成見本をなくしてしまったからなのです。
どうやって作ればいいのか、そもそも何が出来上がるのか、見当もつきません。
…どうも、微妙に歪んだピースを観察するに、よくある一枚の絵が完成するわけではないようです。
平面だと思い込んでいると、足下をすくわれる可能性があります。先入観は排して考えてみましょう
三次元?
立体的なジグソーパズルなのでしょうか?
ふむ。
そういえば、地球儀を模した球体のジグソーパズルを見たことがありませんか?
あんな感じだろうか?とよくよくピースを眺めますが、見馴れた現実的な地図の断片には見えません。
たとえ、これが地図であるとしても、きっと何処にもないシュールな世界の地図なのでしょう…。
淡い綺麗な色彩、つるりとした手触り。
どことなくおしゃれな完成図を予想させる軽いピースを手の中で弄びながら、ちまちまと分かるところから組み立てていくしかありません。
しかし、ある程度の部分が完成すれば、それほど難しくはありません。最後に向かって一気に加速するのみです。
「完成品」という目標に向かってピースの全てが収斂していく瞬間こそジグソーパズルの醍醐味。
出来上がった立体は、やっぱり見馴れないファンタジックでシュールな代物。
でも、どことなく洗練されていておしゃれ
人目につくところに置いて、インテリアにしても何の問題もありません。
出来上がる過程も、完成品も存分にお楽しみください。


伊坂幸太郎の本を読むときの5W1H

When いつ

私は本を一気に読まなければ気がすまない!という主義の方でない限り、ちまちま読み進めてもそれほどフラストレーションはたまりません。
心が揺さぶられないとは言いませんが、号泣するほどでも爆笑するほどでもないでしょう。
もっと、じっくりゆっくり確実に、心に沁みてくる何かがあります。

移動中の電車の中、病院の待合室、学校の休み時間、そんな手持ち無沙汰な細切れの時間。

ぼーっとする代わりに、伊坂幸太郎の本を手に取ってみませんか?

Where どこで

上に同じ。
電車の中でも、バスの中でも、学校でも、職場でも、病院でも、役所でも、初めはどこででもご自由に手にお取りください。

が。

佳境は越えた!!
さあ、あとはラストに向かって突っ走れ!!
というところに差し掛かると、とてもとても他のことをしている余裕がなくなります。

読み始める場所はどこでもいいでしょうが、読み終える場所はゆっくりとくつろげる場所にしましょう。
なおかつ、周りに気安くおしゃべりのできる友人がいると最適!

人生のスタンスについて。
日常のちょっとした疑問について。
もちろん、何よりも今読み終えた本について。
語りたくなります。
薦めたくなります。

Who だれが

健全で順調で安全で平穏な日常に、ちょっと退屈を感じているあなた。
今あなた幸せでしょ?
退屈だなんて、贅沢だよ?
なんて言われなくても分かってるけど、退屈なんだってば!!という、そこのあなたですよ。

退屈な日常の中に置き忘れていた、何か大切なモノ。
いつも淡々と顔を合わせている普通の人たちにもあるはずの、何か優しいモノ。
そんなものを思い出させてくれる日常と非日常の狭間にあるようなお話を、おひとついかがですか?

What 何を

伊坂幸太郎らしいオススメ作品は
  『重力ピエロ』

ごく普通の日々のように見えて、何か得体の知れない事態が進行している…。
ありふれた不幸。
ありふれた悲劇。
それでも、当事者にとっては、とてつもなく重い。
何を背負っていても、毎日食べて寝て笑って話して働かなければならないから。
生きなければならないから。
だから…やらなければならないことがある。

洗練されたシャープな文体。
どこにでもいそうでありながら、なかなかいそうにないキャラクタ。
軽妙洒脱なテンポとジグソーパズルのごとき構成。
クールで優しく厳しい世界。

うん、これこそ伊坂幸太郎作品ですね…。

Why なぜ

伊坂幸太郎作品を読む理由。

それは、ほんの少し優しい嘘が欲しいから

荒唐無稽なファンタジーのように見えて、荒唐無稽なファンタジーらしくない。
当たり前のリアルな日常のように見えて、当たり前のリアルな日常らしくない。

そんな伊坂幸太郎作品は、厳しい現実と甘いおとぎ話の間にある、優しくて楽しい作り話の世界を見せてくれます。

嘘だってことは分かっている。
でも、綺麗だね、優しいね、面白いね、おしゃれだね、素敵だね。
…それでも、やっぱり人は死ぬし、世界は汚くて、意地悪で、つまらなくて、泥臭くて、地味なものだね。
分かってるよ。
大丈夫。
だけど、そんなに捨てたモノじゃないって思えてきたよ。
少しの間だけ、いいお話を聞かせてくれてありがとう。

そんな気持ちになることができます。

How どのように

伊坂幸太郎作品を、ミステリィとして気負って読むと魅力は半減するのではなかろうか。
これがこうなって、あれがああなって、よっしゃー謎は解いてやったぜ!!
と言うのは、難しいことには違いありませんが、ミステリィを読み慣れている人なら…まあ、何とかなるかと。

しかし。

伊坂幸太郎作品は、何も考えずに流れに身をまかせて、最後の最後に「ああ、そうだったのか!」という驚きを味わうのが快感なのです。
下手に衒いや気負いを持たずに、力を抜いて読むのが吉。

ただし、ミステリィ好きのみなさんも、ミステリィに興味のないみなさんも、登場人物の名前と特徴をメモに取っておくと、より楽しめるかもしれません。
特に、どうということのない脇役が…あれ?と思うような場所で、あら?と思うような活躍をしているかも!?
伊坂幸太郎作品をすべて読んでいるぜ!という人ほど嬉しいオマケのようなお楽しみですので、ぜひ。

そうそう、わりと文庫化されていますから、単行本と文庫、好きな方を選べます。
文庫の装幀も、伊坂幸太郎作品にふさわしく、ミステリアスで洗練されたデザインのものが多いですから、選ぶのも楽しいと思いますよ。


重力ピエロ重力ピエロ
(2003/04)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ : 読書に役立つ情報
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。